Windows7サポート終了は2020年1月14日、買い替える?再利用する?

Windows パソコン

Windows7サポート終了でパソコンユーザーは激減するのか?

2019年6月15日

パソコン出張設定を生業にして10年以上が経過しますが、この業界に身を置いて肌で感じたことを述べたいと思います。僕の肌感覚なので、「俺の周りは大丈夫だよ」と言われる方もいると思いますので薄っすら最後まで見ていただければ幸いです。

スマホユーザーが増えた

今や、老いも若きも(笑うセールスマン風に)スマホを利用する時代。
コミュニケーションツールがメールからLINEに代わりました。

なによりもスマートフォンの方が、パソコンよりも管理が楽ちん。
Windowsのように誤操作であれができない、これができないが限りなく少なくなり、
機械の苦手なご年配の方に扱いやすくなっています。
まあ、ガラケー世代の方がスマホ操作になりるまではヤキモキすることは間違いないのですが。
ただそれは車がマニュアル主流からオートマに変わった時もこんなもん乗れるかい!
ギアチェンしなきゃ車じゃないみたいな方がいらしたでしょうから
ガラケーとスマホの関係も似たようなものでしょう。

いずれガラケーはなくなるでしょう。
スマホに切り替えたことにより、
動画もコミュニケーションもさらにはカメラも
ナビゲーションだってできる。
パソコンの重要度が極端に下がることは間違いありません。

年賀状世代が続々と定年

毎年年末になるとプリンタ買い替えと同時に
パソコンも買い替えて設定を依頼される方が
多くおられましたが昨今めっきり減りました。

定年を迎えたばかりの方はまだ出していますが
年数が経つごとに出す枚数が減り
いよいよ来年はやめるの言われている方が増えました。

若い方に関してはLINEで新年のあいさつを済ませる方も多いです。
年末近くに年賀状を至るとこで売ろうとする郵便局のブースを見ると
YahooBBのADSLの時代を思い出すのは私だけでしょうか?
ガラケー世代の人間にしかわからないかもですね。

パソコンが売れない

2011年頃まで伸び続けていたパソコンの出荷台数は
そこをピークに6年連続で前年割れで
去年、2018年第二四半期で回復の兆しが見られましたが
それでも全盛期に比べてかなり落ち込んでいます。

小学校からプログラミングの必修化されることから
少しは回復するでしょうが、それも限定的だと思っております。

インターネット=パソコンが
インターネット=スマホに変わってきてしましました。

僕もパソコン設定を仕事にしていなければパソコン無くても
生きていけるかなぁと感じております。

ただ、AI家電、ルーター設定はパソコンがあったほうが楽なので
1台は置いておきたいかな。

Windows8で大コケ

独立前は量販店でパソコン購入したお客様からのご依頼が多かったのですが
ピーク時の2012年頃から徐々に減っていきました。

2012年の10月にWindows8が発売になりました。
パソコン市場はまだまだ活発な時期でしたが
このWindows8が鬼門。
今までのWindowsとはガラッと変わりスタートアイコンの廃止で
戸惑うわ、トラブル多いはで仕事は増えましたが、
パソコン利用者はトラブルにより業者を利用する機会が増え
出費が極端に増えました。

まあ、ご自身で解決できれば良いのですが
量販店でパソコン購入するお客様には
残念ながらそこまでのITスキルはありません。
それで設定業者の仕事は増えたのですが
パソコンを使うのが怖くなった方は少なくなかったと察します。

そこでスマホが浸透してきたから
もうパソコンの出番が無くなった。
そんなお客様が多くいらっしゃいました。

光コラボレーション開始

売れなくなってきたパソコンを
店舗で売るためのツールとして活躍してきたフレッツ光加入者への
高額キャッシュバックに総務省が言及し
その後、光コラボレーションモデルが2015年から開始。

フレッツ光加入で商品5万円引きなど
お得な施策が無くなりさらにパソコンは売れなくなりました。

フレッツの高額キャッシュバックは終わったが
スマホのMNPの高額キャッシュバックは終わらなかったことで
パソコンからスマホへの顧客流れが起こりました。

このことによりさらにパソコン利用者は激減しました。

動画を見るのにパソコンが不要になった

今やTVにAndroidOSが入って
TVにアプリをインストールできる時代。

更にはTVを買い替えなくても
AppleTV、FireTV、ChromecastなどをTVに接続すれば
有料動画サービスはもちろんYouTubeも視聴できるようになりました。

更にはスマホに慣れたユーザーが
タブレットを持つようになり
スマホより大きな画面で簡単に動画視聴ができるようになり
TVすら見ないお客様も増えました。

安いパソコンを売るしかなくなった

量販店の店員さもノルマがあります。
ただでさえ安売りの家電量販店
売上あげないとお給金ドロボーみたいな風潮があり
目標という名のノルマがあります。

量販店によってはにキツイノルマがあり
日の売り上げが目標に届かないと
えらく罵られるところもあるようです。

お客さんのパソコンの重要度がさがったので
売るためには値ごろなパソコンを進めるしかありません。

でもこれが安物買いの銭失い。
安価モデルはCPU性能は低く
もちろんHDD使用。

HDDは部品点数が多く
故障する可能性が高い。

トラブルの多くはHDDが要因なことが多い気がいます。

パソコン専門店ではSSD換装をしてくれる店舗も見受けられます。
でも詳しくない方はSSD・HDDなにが違うかわかってない方が多い。

僕も独立してからはSSD換装をおすすめして
かなりの台数をSSDに換装してきました。
ただ詳しくないお客様にご理解がいただけなく(僕の説明が下手?)
PCの初期化で一時しのぎを選択される方が多いです。

ご自分でできる方はいいですが
業者に頼めば時間のかかる作業のため
費用はどうしても高額になります。

でもSSDにした時の動きの速さに他のご家族のパソコンも
SSD化してほしいとリピーターになってくださる方も増えています。

スマホ使うとパソコン遅くて使いたくなくなる。
でもSSD換装するとスマホ並みに使用頻度が増えるようです。
(お客さんの声)

まとめ

Windows7サポート終了まえからすでにパソコンの売れ行きは下降線。
これから買う方はSSDモデルを買うこと。
ただSSDモデルは高額なので
すでにパソコンご利用中の方はお買い換えせずにリカバリーディスクを作成して
SSDに換装してwindows10にアップグレードで十分な気がします。
そうなると市場全体のパソコンの出荷台数は減りますが
リサイクルの観点からあるものをメンテして使うほうが
環境にも良いし出費が抑えられるので

WELLではSSD換装をお勧めしております。
最後までお読みいただきありがとうございます。
ぜひこの機会にSSD換装をご検討ください。

埼玉県さいたま市発の出張サポート!パソコン・スマホ・ネット環境のお困りはWELL

-Windows, パソコン

Copyright© WELL~WebEnjoyLifeLab~ , 2020 All Rights Reserved.